関東支社・関西支社 在宅勤務再開について  [ 詳細はこちら ]

レーザー学校会計Ver. 9.0

仕訳入力から決算業務まで。学校法人会計基準に準拠

1983年のデビュー以来、3,000校を超える導入実績を持つレーザー〈学校会計〉システム。
学校法人特有の仕訳入力や計算書類に対応し、学校会計業務をサポートします。

           

紹介ビデオをみる

レーザー〈学校会計〉システムの概要図

日々の仕訳業務を快適に

入金伝票、出金伝票、振替伝票、未払伝票の4種類の伝票形式は、学園の仕訳ルールや必要項目に合わせた伝票パターンを選択できます。また、出納帳形式での入力も可能です。
入力担当者は仮伝票や未承認伝票の作成のみ、承認者権限を持つ運用者によって正式伝票に切り替えるといった運用にも適しています。

仕訳伝票

仕訳だけで元帳へ自動転記

仕訳データは総勘定元帳と資金収支元帳に自動転記されます。定型の元帳印刷はもちろん、抽出条件を絞った出力も可能です。元帳で発見した仕訳ミスは瞬時に修正できます。

ズームイン機能

電子承認でペーパーレスと脱ハンコNew

オプション製品〈学校会計〉プラスを利用すると、システムで入力した伝票、伺書の内容確認と承認処理をWebで行えます。申請に対して誰が承認するか、承認ステップを設定できます。申請時には申請依頼メール、承認時には承認通知メール、差戻の際は差戻通知メールを送信する機能も備えています。
※〈学校会計〉プラスの利用には別途契約が必要です。

電子承認

行政提出書類に対応

貸借対照表・事業活動収支計算書・資金収支計算書といった財務三表と附表、予算書類も学校会計基準に準拠した形式で作成・印刷が可能です。

財務三表

消費税を手間なく処理

勘定科目にあらかじめ「課税収入8%」などの消費税区分を設定しておくことで、伝票入力時に自動的に消費税区分が反映されます。
消費税申告用資料も伝票から集計するので簡単に作成できます。

消費税区分

オンライン監査

クラウド型であれば監査のために用紙出力などの準備は不要。監査法人は来校せずにシステム内のデータをチェックできます。
〈学校会計〉システムと〈学校会計〉プラスを利用した際の違いを比較します。

〈学校会計〉
システム
〈学校会計〉
プラス
閲覧可能 ・決算書類一式
・総勘定元帳
・仕訳
・決算書類
(財産目録除く)
・総勘定元帳
ライセンス 必要 不要
インストール 必要 不要

レーザー〈資産管理〉システムと連係

資産取得時に入力する仕訳情報を〈資産管理〉システムへ転送することで、購入資産の登録忘れを防ぎ、業務の簡便化を図ります。決算時には〈資産管理〉システムで管理している減価償却や資産除却を仕訳生成して取り込めます。
※〈資産管理〉システムの利用には別途契約が必要です。

学校会計と資産管理の連係