関東支社・関西支社 在宅勤務再開について  [ 詳細はこちら ]

志願者の受験チャンスを広げる学校業務の効率化

出願業務のインターネット化に、まずはレーザー〈Web出願〉から。
〈合否照会〉、〈入学金決済〉、〈説明会予約〉でさらに印刷コストのダウン、志願者情報の一元管理を可能にします。

           

紹介ビデオをみる

Web出願システムの特長

パソコンicon
決済代行サービスにより決済業務を完全自動化
円マークicon
決済代行サービスにより決済業務を完全自動化
グラフicon
出願状況、入金状況もシステムなら瞬時に把握
計算icon
出願パターンで異なる受験料もシステムが自動計算
24時間icon
志願者はパソコン、タブレット、スマホでいつでも簡単登録
学校icon
在籍校が生徒の願書を取りまとめる運用にも対応
スマホicon
合否発表もシステム化。志願者はスマホですぐに確認

※レーザー〈合否照会〉が必要。

さくらicon
レーザー〈合否照会〉と連係し、入学手続きを簡略化

※レーザー〈入学金決済〉が必要。

参加者icon
説明会参加者をスムーズにWeb出願へ誘導

※レーザー〈説明会予約〉が必要。

学費管理システムicon
レーザー〈学費管理〉システム用に入学者情報をエクスポート

個人単位出願にも学校単位出願にも対応

2016年のリリースから5年間で

導入実績150校以上

学校法人灘育英会 灘中学校・灘高等学校

近隣校の評判、柔軟設定、志願者の情報保護が決め手。

灘中学校・灘高等学校

学校法人南光学園 東北高等学校

仙台地域で最初にWeb出願を実施。

東北高等学校

学校法人豊島岡女子学園

願書のデータ化や開封確認の作業がほぼゼロに。

豊島岡女子学園

学校法人信愛学園 浜松学芸中学校・高等学校

地域の出願フローに合わせて運用開始。

東北高等学校

学校法人聖啓学園 佐久長聖中学・高等学校

長野県の中学校・高等学校で最初のWeb出願を実施。

佐久長聖中学・高等学校