関東支社・関西支社 在宅勤務再開について  [ 詳細はこちら ]

LeySerKids 園務効率化システム

活用事例

活用事例

保護者との連絡、出欠管理や各種申込管理、加えて自治体・行政への提出書類・・・
園で必要な作成資料は膨大で、保育の先生が事務作業に時間を取られすぎていませんか?
LeySerKidsは手入力・手作業の負担を軽減させ、よりよい園の運営をお手伝いします。

活用事例 ①

預かり保育の一連の事務作業をなんとかしたい。

幼稚園・こども園様で最もよく伺う業務課題は、預かり保育の管理業務に手間と時間かかるというものです。

  • 保護者から申込用紙を提出してもらうので、リストアップ作業が大変。
  • 園児の預かり保育時間の集計が手作業なので時間がかかる。
  • 預かり保育料金の計算や費用徴収に手間がかかっている。

このような預かり保育管理に関する課題を、レーザーキッズが解決します。

レーザーキッズの解決方法

  1. 保護者がアプリのカレンダーから預けたい日を選択するだけ。システムが申込状況を自動リストアップするので、園では転記やリスト作成の手間が省けます。申込の変更も自動反映されるのでリアルタイムで申込状況を確認できます。
  2. QRコード決済のように、保護者が園に掲示されたQRコードをアプリで読み込むことで登降園時間が記録されます。ICカードや打刻用のタブレットなど専用の機材を準備しなくともすぐに打刻管理のシステム化をはじめられます。
  3. 打刻の記録から預かり保育の時間を計算し、園児の認定区分情報に合わせて預かり保育の保育料が自動計算されます。

活用事例 ②

保護者とのやり取りをスムーズにしたい。

園からのお知らせ配布や、保護者からの欠席連絡の受付など苦労していませんか?

  • 園からのお知らせを紙で配布しているが、印刷も手渡しも結構大変。
  • 欠席連絡や園バスの利用の受付など、朝は電話対応に追われる。

このような連絡方法に関する課題を、レーザーキッズが解決します。

レーザーキッズの解決方法

  1. 保護者へアプリ配信できます。忙しい保護者もたくさんの紙のお知らせを保管することなく、いつでもスマホで確認できます。
  2. 保護者から園への欠席連絡もアプリから簡単に行えます。深夜の急な発熱時もアプリで欠席入力しておけば、朝の限られた時間に連絡する必要もなくなります。園側も朝の電話対応などの業務時間の削減が見込めます。

活用事例 ③

先生が保育より事務作業に追われている。

指導要録など各種資料の作成に時間がかかっていませんか?

  • 手書きで作成しているので、年度末の忙しい時期にもかかわらず時間が取られる。
  • 記載内容の確認や手直しなど先生同士のやり取りも手間。
  • 複数の先生が共有パソコンで作業するので、作成時間の調整が大変。

大切な園児の記録はしっかりと取りたいが、忙しい先生はなかなか時間が割けず残業して対応することも多くあります。保育士の長時間労働は社会問題としても取り上げられるまでになりました。レーザーキッズがそんな先生の「働き方改革」をお手伝いします。

レーザーキッズの解決方法

  1. 指導要録や各種資料をスマホを使って作成ができます。スマホのタッチ入力に慣れている先生が多い近年、保育の空き時間を使ってコツコツ作成でき、作業効率向上も見込めます。
  2. システム内で確認依頼・内容修正できます。下書きした書類を指導教諭に確認してもらい、戻ってきた赤ペン修正を参考にしながら清書するといった作成者・確認者双方の負担を減らすことができます。

活用事例 ④

イベントの申込集計がリアルタイムで把握できたら・・・。

入園説明会もお遊戯会や運動会の園内行事も、保護者の参加は定員制にしたい。

  • 申込用紙の回収だと参加者の集計がなかなか出せない。
  • 参加申込や問合せなどの電話対応していると行事準備ができない。

イベント開催のお知らせから申込受付まで、レーザーキッズなら完全システム化できます。

レーザーキッズの解決方法

  1. 行事案内のテンプレートにご挨拶文や日程を入力するだけで、イベント申込ページを簡単に作成できます。
  2. システムに人数設定しておくことで、定員オーバーを自動で制御。申込人数をカウントしながら電話応対に追われることがなくなります。
  3. システムで受け付けた参加者リストも自動作成されるので、リスト作成にかかる時間やミスを削減できます。