関東支社・関西支社 在宅勤務再開について  [ 詳細はこちら ]

LeySerKids 園務効率化システム

活用事例

活用事例

預かり保育の管理など、日々の業務を効率化する機能を提供。
業務負担を軽減し、よりよい園の運営をお手伝いします。

活用事例 ①

預かり保育管理業務の効率化

幼稚園・こども園様でよく伺う業務課題の最も多いものが、預かり保育の管理業務に手間と時間かかるというものです。

  • 申込用紙に記入して提出なので、リストアップ作業が大変。
  • 園児の預かり保育時間の集計が手作業なので時間がかかる。
  • 預かり保育料金の計算や費用徴収に手間がかかっている。

このような預かり保育管理に関する課題を、レーザーキッズは次のように解決できます。

預かり保育管理業務の効率化 image

レーザーキッズの解決方法

  1. 預かり保育の申込

    保護者はアプリのカレンダーから預かり保育受け入れ可能な日を選択して依頼をするだけです。あとはシステムが申込状況を自動リストアップするので、転記やリスト作成の手間が省けます。もちろん申込内容の変更も自動反映されます。

  2. 登降園打刻

    QRコード決済のように、保護者アプリから園に掲示したQRコードを読み込むことで登降園時間の記録が出来ます。ICカードや打刻用のタブレットなど専用の機材を準備しなくともすぐに登降園管理の運用が可能です。

  3. 預かり保育料計算

    打刻の記録から預かり保育の時間を計算し、園児の認定区分情報に合わせて預かり保育の保育料が自動計算されます。

活用事例 ②

園と保護者のコミュニケーション

園からのお知らせや、保護者からの欠席連絡の受付など苦労していませんか?

  • 園からのお知らせを紙で配布しているが、保護者が確認できているか分からない。
  • 欠席連絡や園バスの利用の受付など、朝の電話対応が大変。

このような預かり保育管理に関する課題を、レーザーキッズは次のように解決できます。

園と保護者のコミュニケーション image

レーザーキッズの解決方法

  1. スマホで各種資料を作成できます。

    レーザーキッズでは指導要録をはじめとした各種資料をスマホを使って作成ができます。保育の空き時間を使ってコツコツ作成が出来ますので、作業効率向上も見込めます。また近年ではパソコンのキーボード入力よりもスマホのタッチ入力に慣れている先生が増えていますので、パソコンよりも短時間で作れるようになったというご意見もいただいております。

  2. 欠席連絡もアプリで簡単に

    園への欠席連絡も保護者アプリから簡単に行えます。深夜の急な発熱などもその場で連絡が出来ますので、朝の限られた時間にしか連絡できないといった保護者のわずらわしさも解消できます。
    受け付けた内容はシステムが自動集計し、担任に先生に情報提供しますので、園側も朝の電話対応などの業務時間の削減が見込めます。

活用事例 ③

先生の事務作業効率化

指導要録など各種資料の作成に時間がかかっていませんか。

  • 手書きで作成しているので、年度末の忙しい時期に時間がかかってしまう。
  • 記載内容確認、手直しなど先生同士のやり取りも手間。
  • 共有パソコンで作業するので、作成時間の調整が大変。

大切な園児の記録はしっかりと取りたいが、忙しい先生はなかなか時間が割けず残業して対応することも多くあります。保育士の長時間労働は社会問題としても取り上げられるまでになりました。レーザーキッズはそんな先生の「働き方改革」をお手伝いできます。

先生の事務作業効率化 image

レーザーキッズの解決方法

  1. スマホで各種資料を作成できます。

    レーザーキッズでは指導要録をはじめとした各種資料をスマホを使って作成ができます。保育の空き時間を使ってコツコツ作成が出来ますので、作業効率向上も見込めます。また近年ではパソコンのキーボード入力よりもスマホのタッチ入力に慣れている先生が増えていますので、パソコンよりも短時間で作れるようになったというご意見もいただいております。

  2. 内容確認もシステム内で対応

    システム内で記載内容の確認ができるので下書きした各種書類を印刷して指導教諭に確認のため提出。確認後に戻ってきた書類の赤ペン修正を参考にしながら清書しているということもあるようです。レーザーキッズではシステム内で確認依頼・内容修正ができますので作成者・確認者双方の負担を減らすことができます。