緊急事態の際はここに表示されます

レーザー 資産管理 Ver. 9.0

標準機能

標準機能

システム設定

資産初年度や最終年度・月度調整の償却方法を指定しておくだけで、固定資産の減価償却額が自動計算されます。資産の登録や参照権限、また登録資産の承認といった権限設定が可能です。資産コードは「取得年度+部門コード+通し番号」など学園が管理しやすい組み合わせでルール設定でき、資産登録時には自動付番されます。

減価償却

マスター設定

資産科目や設置場所を登録しておけば、資産入力時に選択するだけ。部門間の按分比率も予め設定しておけます。また、購入者名や保険会社名などの補足情報、恒例行事で使う備品と分かるようにしておくなど、学園で登録しておきたい項目があれば入力・管理項目として自由に追加できます。

部門配分パターン

資産情報

資産の登録は簡単です。取得価額を入れれば消費税額は自動計算され、消費税の改正時も特別な設定は不要です。固定資産の場合は、減価償却累計額も一目瞭然、修繕や増築などで取得価額を増加する場合や、法改正などにより償却方法を途中で修正する場合の再計算にも対応しています。

資産登録

帳票作成

登録した資産情報をもとにラベルを印刷できます。物品台帳や各種一覧表など絞り込み条件に合わせて出力できる一般帳票や、固定資産関係、リース関係の帳票も多数準備されています。さらに、学園のオリジナル帳票を簡単に設計できる画面もあります。

物品台帳

対応している提出書類

物品ラベル/物品台帳/部門別一覧/固定資産台帳/固定資産明細表/減価償却一覧表/償却完了一覧表/除却・売却一覧表/簿外資産一覧表/リース物件契約一覧表/リース料月別一覧表/リース料支払予定表/リース支払実績表/リース完了物件/再リース一覧表 ほか



レーザーシステムとは

レーザーシステムは、学校会計、学校給与、学費管理、資産管理、人事管理の5製品を取り揃え、幼稚園から大学、専門学校まであらゆる私立学校の業務担当者をサポートしています。