緊急事態の際はここに表示されます

3,200校以上が導入 幼稚園・中学高等学校・大学・専門学校向け 私学業務システム

台風19号により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

グレープシティ株式会社
レーザー事業部

導入事例

学校法人信愛学園
浜松学芸中学校・高等学校 様

地域の出願フローに合わせて運用開始。

導入製品 :
icon説明会予約
iconWeb出願
icon受験料決済
icon合否照会
icon入学金決済

はじめに

~学校法人 信愛学園
 浜松学芸中学校・高等学校のご紹介~

静岡県浜松市中区にある私立の中高一貫校で、100年を超える歴史と伝統を誇ります。中学から独自の教育プログラムで学び、高校は「普通科 特進コース」「芸術科 音楽コース」「芸術科 美術コース」「芸術科 書道コース」に加え、2020年度から「普通科 地域創造コース」を新設し、地域の将来を担う人材育成を図ります。

学校法人信愛学園photo

導入検討のきっかけを教えてください。

事務負担の軽減と、公立中学校様からの要望が契機に。

第一の目的は事務負担の軽減です。Web出願を導入するまでは紙で提出された願書の内容を、教職員がシステムに手入力していました。志願者は1000人を超えるため、入力ミスも増え、手間と時間が掛かっていました。さらに、限られた時間内で入力しなければならず、精神的な負担も大きかったです。

またWeb出願は大学入試ではすでに行われており、いずれは中高の入試でも実施されると考えていました。そのような状況の中、地域の公立中学校様から事務作業効率化のためにWeb出願の導入要望が出たことも、検討開始のきっかけとなりました。

 

導入の決め手となった点を教えてください。

サポートへの信頼とクラウド実績。

当校ではレーザー〈学校会計〉をはじめとしたグレープシティ社のシステムを長年利用しており、システム内容やサポート体制についての信頼が厚かったことが一番の決め手です。

またLeySerシステムは長年クラウドで運営されているので、インターネットを通じたシステム運用についても実績があり、Web出願についても相談先として第一候補となりました。

 

導入支援において、グレープシティの対応はいかがでしたか。

十分な打合せと細かいアドバイスで、出願開始までスムーズに準備。

レーザー〈学校会計〉を利用していたので、運用打合せや導入指導などについては想定通り十分な対応をしていただけたと思います。

入試に関するマスタの設定については、本校の複雑な入試設定に柔軟に対応してくださいました。打合せを重ね、合間に気になった点などもメールで情報交換を行いながら進めていただきました。細かい点についてもアドバイスをいただき、Web出願開始までは概ねスムーズに準備できたと思います。

 

導入に際して不安に思ったことはありますか。

全員がWebから出願。小・中学校様の手続き変更もシステムでカバー。

そもそもインターネット環境がない、操作に不安がある志願者の対応をどうするかという点です。もしいらした場合は、当校事務室のパソコンを利用して手続きをしてもらうことも考えていました。しかし実際には、Webで出願できなかった方はいませんでした。これは想像ですが、志願者本人がスマートフォンから出願あるいは、小・中学校様でもWeb出願の実施にあたりインターネット環境の準備など、ご協力をいただけたのではないかと考えています。

次に、従来の出願では先生が願書をとりまとめて志願者の確認をしていたため、Web出願に変わり、志願者が受験校へ確実に手続きできているか不安なのでは、ということです。こちらについてLeySer Web出願システムでは、中学校の先生向けに出願状況を確認できる「中学校サイト」の機能があり、志願者が入力した出願内容の確認や、提出用書類の出力などができますので、従来の手続きに近い形で処理を行っていただけたと思います。

 

LeySer Web出願を導入して、業務が大きく改善されたものはありますか。

入力や照合作業の省力化でほかの業務もスムーズに。受験票発行も待ち時間短縮。

まず目に見えて大きい効果は、願書の入力作業がなくなったことです。これに割いていた時間を他の入試対応に充てることができ、例年よりもスムーズに業務進行できたと思います。

また受験料については、銀行・郵便振込のみでしたが、Web出願になってからは、クレジットカード・コンビニ払い・ペイジーの中から選択できるようになり、保護者様の支払いの手間が改善されました。なお、決済状況がWeb出願システム上で確認できるため、入金照合作業の負担も減りました。

それに加えて、出願手続きに来られる先生の待ち時間も短縮できました。以前は、先生が願書と調査書を当校事務室まで持参し、その場で提出書類の照合と受験票の発行を行っていたので、志願者数の多い学校様は、発行までお待たせしていました。今は事前に出願情報を確認できるので調査書などの提出書類を受け取り、事前に出力しておいた受験票をすぐにお渡しでき、先生の待ち時間を大幅に短縮できています。

 

「中学校サイト」を利用した先生方から、意見などありましたか。

小・中学校様の事務作業も軽減されたとの声。

操作等についてお問合せがありましたが、グレープシティ社でも問合せ窓口があり、大きな混乱もなく実施できたと思います。また小・中学校様でも事務対応が軽減でき、進路指導に集中できたという意見もいただきました。先生の中には操作マニュアルにはないような便利な使い方をされている方もいらっしゃるようで、そういった先生の持つ独自のノウハウを地域の中学校や同じ学校の先生同士で共有する方法があれば、より作業の効率化が図れるのではないかと感じています。

 

Web出願を実施してみて感じた課題や改善点を教えてください。

調査書の提出や配布物のダウンロードもできればより便利に。

願書については、Web出願システムを通じてペーパレス化できたのですが、調査書はまだ紙での提出のため、現状でも先生または保護者様が当校事務室まで持参されています。すぐには難しいかもしれませんが調査書も電子化して、Web出願システムを通じて提出することができれば、双方の業務効率化が可能だと思います。

また、入学時に提出いただく書類も多いため、入学金の決済を終えた方に、配布物等をWeb出願システム上でダウンロードまたは入力できたりするシステムがあると、より一層便利になるのではと思います。

 

■ システム構成 ■

2019年入試からLeySer Web出願システムを運用開始。
システムはレーザー〈説明会予約〉、レーザー〈Web出願〉、レーザー〈受験料決済〉、レーザー〈合否照会〉、レーザー〈入学金決済〉を利用中。

導入事例

学校法人豊島岡女子学園 様

願書のデータ化や開封確認の作業がほぼゼロに。

導入製品 :
icon説明会予約
iconWeb出願
icon受験料決済
icon入学金決済

はじめに

~豊島岡女子学園中学校・高等学校のご紹介~

本校は、旧加賀藩士夫人の河村常先生とその娘の3人の女性による女子裁縫専門 学校に始まります。ここではいわゆる読み・書き・算盤のほか礼儀作法を教え、教育方針は日本古来の伝統的な倫理道徳を規範としていました。 現在も「道義実践・勤勉努力・一能専念」という教育方針を掲げ、その具体的な取り組みとして、毎朝5分間の運針をおこなっています。また、伝統を大事にしながらも、時代のニーズに応じた教育を取り入れており、平成30年度より文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されています。

学校法人豊島岡女子学園photo

インターネット出願の導入にあたり、どういった課題を解決したいとお考えでしたか?

志願者の利便性向上と事務局の労力を軽減したい。

都内の私立中学・高校入試でインターネット出願を実施する学校が多くなってきている状況でしたので、当学園も志願者の利便性向上を考え、インターネット出願の導入検討を開始しました。また、願書の受付・内容のチェック・データ入力にたいへん多くの労力をかけていたので、この点の業務効率化も行いたいと考えていました。

 

LeySer Web出願システムを採用したポイントを教えてください。

フレキシブルな設定とクラウド運用の実績が決め手。

インターネット出願を導入するにあたり、数社のシステムを検討しました。またすでにインターネット出願を実施している近隣の学校からも情報を収集しました。複数システムの中から、グレープシティさんとA社さんの2つに絞り込んで最終検討となりました。A社さんは、グレープシティさんより早くインターネット出願システムを販売されていて導入実績も多く、周辺の学校でも利用されているものでとてもいいシステムでしたが、最終的にはグレープシティさんを選びました。次の3つが決め手になったと思います。

1つ目は、LeySer Web出願システムは願書項目などを自由に設定できるフレキシブルなシステムだったことです。A社さんのシステムは願書項目などの設定の自由度がほとんどなく、私どもが管理したい項目を設定できないことがネックとなりました。

2つ目は、A社さんのシステム販売はとある学習塾さんの系列会社が行っているので、ほかの学習塾さんとの兼ね合いも考えると少し気になりました。そういった点でグレープシティさんは中立の立場であったことはポイントになりました。

3つ目は、当学園の会計や給与計算などの経理関連のシステムは長年グレープシティさんのお世話になっていて、システムの性能や業務サポート面で事務局の信頼がとても厚かったことです。

また、情報収集中にとある学校のインターネット出願で、志願者の個人情報が流出したニュースもありました。クラウドシステムの運用体制やシステムセキュリティも検討ポイントでしたが、グレープシティさんは15年以上会計システムのクラウド運用を行っている実績がありましたので、この点での安心感は大きかったと思います。

 

LeySer Web出願システムを導入して、どのような効果がありましたか?

願書のデータ化や開封確認の作業がほぼゼロに。

教員は願書のデータ化の作業、事務局は受領した願書の開封と内容確認がほぼゼロになりました。願書の受付は入学試験と同時並行で行われますので、この時期の業務負荷はとても大きかったです。この点は改善したいと考えていましたので、導入してとてもよかったと思います。
入学選抜料の支払いについても以前の銀行振込と比べ、クレジットカードやコンビニ決済であれば支払い状況がシステムですぐ確認できますので、照合作業が大幅に軽減できました。
また、以前は願書を学校まで持ち込まれる方も多く、タイミングによっては受付がたいへん混雑し、志願者の方に長時間お待ちいただくこともありました。インターネット出願に切り替えたことで、こちらも解消できました。

 

その他、LeySer Web出願システムを利用した効果をお聞かせください。

夜間の出願、受験料の柔軟な決済が可能になり、出願者の利便性が向上。

まず出願された時間ですが、夜間が多かったです。保護者の仕事や家事などの事情を考えると、当然日中よりも夜間であれば時間が自由になるので、時間を選ばず出願可能という点で志願者の利便性はあがったのではないかと思います。
また、受験料の徴収についても、クレジットカードやコンビニ決済に対応したことで、銀行振込と違って時間を気にする必要がなくなり決済しやすくなったかと思います。入学金の決済も(これまでの実績を踏まえて)今年度から導入しました。

代行会社による受験料決済

 

ほかの学園様にLeySer Web出願システムを勧めるポイントを教えてください。

安心のサポート体制と使いやすいインタフェースで双方にメリットをもたらすシステム。

まずサポート体制です。インターネット出願を始めるにあたりさまざまな不安があったのですが、システム設定から運用までグレープシティさんのサポートもあり問題なく導入することができました。
次にシステムの使いやすさです。利用された方にアンケートを実施したところ、便利だったというご意見が9割を超え高い評価をされています。アンケートのご意見に「システムは簡潔で分かりやすかったのですが、スムーズ過ぎて本当に出願できているのか少し不安だった」というものもありました。利用する方の使いやすさもしっかり考えたユーザーインタフェース設計がされていると思います。
学園側の業務効率化はもちろんですが、志願者の利便性向上も図れる、双方にメリットをもたらすことができるシステムだと思います。

志願者の入力画面

 

■ システム構成 ■

2018年入試からLeySer Web出願システムを運用開始。
システムはレーザー〈説明会予約〉、レーザー〈Web出願〉、レーザー〈受験料決済〉、レーザー〈入学金決済〉を利用中。

LeySerKidsは2019年10月1日より始まる「幼児教育・保育の無償化」に対して、下記機能強化を行い対応いたします。

・給付申請に必要となる各種情報を集約し一覧画面で管理できる「給付申請管理」の機能を追加
・[償還払い][法定代理受領]それぞれの給付申請の事務手続きで必要となる出力帳票を追加

詳細につきましては、レーザーキッズホームページ(下記URL)からご参照ください。

https://www.leyserkids.jp/topics1909.html

 

弊社は社内研修のため、下記日程でサポート受付をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

※休業期間中にメール等でいただいたお問い合わせは、10月28日(月)以降に順次対応いたします。

<日時>
2019年10月24日(木)~10月25日(金) 終日

■お問い合わせ先
レーザーサポート部
仙台本社   TEL:022-777-8220
関東支社   TEL:048-222-3033
関西支社   TEL:06-6264-0802

10月1日からの消費税増税に伴い、公共交通機関各社の運賃や定期代も改定されます。
改定後の金額で通勤手当を支給するには、給与計算前に通勤費単価を変更する必要がありますので、ご確認をお願いします。

この度、2019年9月6日(金)14時10分~16時30分頃において、断続的にレーザーシステム(クラウド型)のサーバーへのアクセスが一部エリアからできなくなる状況が発生いたしました。
現在は復旧し、通常どおりにご利用いただける状況となっております。

今回の障害は、データセンターの設備の故障に伴うネットワークの接続障害に起因することが、データセンターからの報告で判明いたしました。
突発的な事象であったこと、またデータセンターからの障害についての第一報が入るまで時間がかかったことで、お客様への事前通知や、ご案内が遅れてしまいました。

データセンターへの設備故障の原因、バックアップ体制等の確認と、障害発生時のデータセンターとの連携などについて改めて見直しを行い再発防止に努めてまいります。

お客様には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしましたこと重ねてお詫び申し上げます。

 

グレープシティ株式会社
レーザー事業部

このたび消費税法が改正され2019年10月1日より、消費税率が8%から10%へ引き上げられることになりました。
つきましては、今回の改正に伴う弊社の消費税率の取り扱いにつきまして、以下ご案内させていただきます。

 

1.月額利用料(保守・サポート含む)について
2019年10月より消費税率10%にてご請求させていただきます。

2.導入支援・訪問操作指導などのサービスについて
役務の提供完了日の消費税率が適用されますので、2019年10月1日以降の検収分より消費税率10%にてご請求させていただきます。

3.消耗品などの販売について
2019年9月30日以降にご注文いただく商品に関しては、消費税率10%にてご請求させていただきます。

このたび弊社では以下の商品につきまして、2019年9月30日ご注文分から価格改定を実施させていただきます。

ご高承のとおり、相次ぐ印刷・情報用紙価格の上昇を受け、自助努力だけでは安定供給が困難な状況となり、苦渋の決断にいたりましたことを何とぞお汲み取りのうえ、皆様のご理解を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 

レーザー〈学校会計〉
元帳専用用紙(A4縦)1,000枚 10,500円
元帳専用用紙(A4横)1,000枚 10,500円

レーザー〈学校給与〉
給与明細書(A4単紙)500組 8,500円
給与明細書用封筒(窓付封筒)500袋 14,500円

※上記価格はすべて税別の価格となります。

2019年9月よりレーザーホームページをリニューアルいたしました。

デザインを一新し、製品ラインナップのご紹介やお客様に役立つ情報などをご紹介する
充実したホームページとなっておりますので、ぜひご覧ください。

学校法人向けの業務システム

学校会計、学校給与、学費管理、資産管理、人事管理の5製品が事務業務をサポート。

インターネット出願

手作業が多い出願関連業務をすっきりシステム化。

Learn More

園務支援サービス

スマホ世代の先生や保護者に最適なアプリ。

Learn More

事務担当者の業務効率化だけにとどまらず、保護者・学生・教職員にとっても便利になるサービスを展開。

Learn More

園務を支援しながら保護者と園をつなぐレーザーキッズ。

Learn More

購入前のお問合せ

導入前のシステム機能についてのご質問やご相談を承ります。

仙台 022-777-8210 | 関東 048-222-1200 | 関西 06-6264-0800

お問合せフォーム

資料請求

導入前のシステム機能についてのご質問やご相談を承ります。

申込フォーム

導入前のシステム機能についてのご質問やご相談を承ります。

申込フォーム